贗作 男人真命苦

別名:

日劇 日本  2020 

主演:桂,雀々,常盤貴子

導演:朝原雄三,石川勝己

劇情介紹

「男はつらいよ」が現代の大阪によみがえる! 1969年8月、山田洋次監督、渥美清主演の映畫『男はつらいよ』が公開され、大ヒットとなった。以來、寅さんと妹さくらとの情愛や、瞼(まぶた)の母・お菊との丁々発止、マドンナとの出會いと別れなど お決まりの人情話は日本のお盆や正月 に無くてはならない風物詩となった。 映畫 第49作『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇』から約四半世紀。2020年、舞臺を大阪に変えて、「贋作 男はつらいよ」として寅さんが現代によみがえる。 寅さんを演じるのは、関西の落語家・桂雀々。寅さんにふんして註目を集めた落語會「桂はつらいよ」。その風貌が似ていることで、山田洋次監督自らが新しい寅さん像を著想した『贋作 男はつらいよ』。寅さんの妹のさくら役の常盤貴子とそのファミリーも、みんな大阪弁をしゃべる。設定を現代に置き換え「贋作」をうたうが、“本物の本物による「贋作」”であることが、ドラマの一番の見どころです。

返回首页返回顶部

Copyright © 2021